ふじ楽いず楽

富士山周辺と伊豆の観光スポットや遊ぶところを紹介するブログです

松崎の花畑へ! 伊豆の道路が走りやすい! 河津桜は…(道の駅 花の三聖苑伊豆松崎に寄り道)

今年開通した天城北道路を通りつつ、河津経由で松崎の花畑を見てきました。とりあえずイベント案内から。

西伊豆の松崎で例年3月上旬~5月5日に開催される田んぼをつかった花畑がそろそろ一面の花畑に

松崎の花畑イベント

イベント情報

 

松崎 田んぼをつかった花畑

松崎 田んぼをつかった花畑

田んぼをつかった花畑

●開花時期 平成31年3月上旬~5月5日〈例年3月上旬~5月5日〉

●開花場所 田んぼをつかった花畑農閑期の田んぼに6種類の花が咲き乱れ、訪れる時期によって異なる花畑を楽しむことができます。

また本物そっくりの手作りのかかしが点在しているのもユニーク。5月1日から5日までは無料花摘みを実施しています。

 

アクセス

東海バス松崎ターミナルからのアクセス

・西伊豆東海バス「伊豆急下田駅(バサラ峠経由)」方面行きバス乗車(乗車時間約4分)

・停留所「桜田」下車後徒歩約3分

伊豆急下田駅からのアクセス

・西伊豆東海バス「松崎」「堂ヶ島」方面行きバス乗車(乗車時間約44分)

・停留所「桜田」下車後徒歩約3分

駐車場 田んぼをつかった花畑臨時駐車場(花畑協力金 普通車500円、バス1000円)

引用元 松崎町観光協会-花とロマンの里松崎へようこそ-

 

こちらのイベントは去年廃止の危機にありましたが、クラウドファンディングを利用して資金を集めたり、ボランティアで種を撒いたりと地道な努力で今年も開催に漕ぎ着けたようですね。

松崎の花畑もかなりの広さを誇り、色とりどりの花が咲き乱れてなかなかな景観を造っています。菜の花畑と違う雰囲気があって良い感じです。たださすがに一度廃止になりかけたこともあって以前ほどの面積はないようですね。

人気を獲得して最盛期の面積まで持ち直して欲しいです。

もう少ししますと河沿いに桜も咲き始めてまさに花盛りとなり見事なものです。

これだけ綺麗なのに意外と人気がないのですかね?
まだ見たことない人は勿体ないですよ、訪れてみては如何でしょうか。今年は再開に漕ぎ着けましたが、来年以降も続くかは不確かです。
一度見ればけっこう気に入る人も多いのではないかと思います。

期間も長めで時期により咲き誇る花の種類が変わって彩りも変化します。お気に入りの季節に足を運んでみるのも良いですね。

 

花畑の駐車場などの基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

136号からですと街の中流れる那賀川 に架かる橋の袂、信号機のある「宮の前橋」交差点から15号下田松崎線に入り山に向かいます。
そのまま道なりに進みますと桜田の信号機があり、左側に駐車場があるので入ってください。

下田の方から15号下田松崎線できますと道の駅 花の三聖苑伊豆松崎を過ぎてしばらくすると道路の右側に花畑が現れます。花畑の先に駐車場となります。

駐車場 普通車 500円(花畑協力金)
※花畑自体は無料で楽しめます。

公式情報

松崎町観光協会
〒410-3611 静岡県賀茂郡松崎町松崎211
TEL : 0558-42-0745 FAX : 0558-42-2092

外部リンク 松崎町観光協会-花とロマンの里松崎へようこそ-|公式

 

天城北道路経由、河津通過で松崎へ!

今週、日にちと天気予報を見ながら晴れの日を狙って伊豆をドライブしてきました。

目的は以下です。

  • 天城北道路を走りたい
  • 出来れば河津で河津桜を見たい
  • 松崎の花畑を見る

はじめて天城北道路を通行しました

天城北道路を走ってみて

一応、予定していた日は天気予報通りに晴れ間が出ましたので出かけることにしました。
まず第一目的の天城北道路です。

136号修善寺道路のふたつめのトンネルを抜けると以前までは坂を下り、下道の136号に合流でした。
しかし今回はそのまま真っ直ぐに狩野川を渡ります。

ここの高架は下道を走っているときに随分と見上げていましたが、今回ようやく上の道を走ることが出来ました。
かなり高い場所を新しい道は走っているので見晴らしは良いですね。周囲は山ばかりですがw

トンネルのある山から狩野川の上を渡り向かいの山に真っ直ぐに進んでいく感じです。そしてすぐにトンネルに入ります。残念ながら走行中なので写真はありません。

新たに造られた天城北道路はおよそ5Kmほどの区間です。車だとさして長くなさそうにも思えますが、伊豆山間の渋滞し易い道路がこれほどスムーズに流れるのは気持ちがよかったです。やはり信号機がないのは大きいですね。

ただかなりの山道です。道はトンネルなども多く比較的真っ直ぐに造られていますが、高低差はあるように感じます。これは間違いなく自動車専用道で正解ですね。この場所を原付などが走ったら傍迷惑間違い無しです。

新しく滑らかな道路を気持ち良く走っていると呆気なく月ヶ瀬に到着し道は山から下界へと下りてしまいます。そして下道の以前からある414号下田街道に合流。左折信号が出るのでノンストップで出られました。とてもスムーズです。
交差点の先は船原バイパスですが、そちらは帰り道で紹介します。

随分と楽に走れるようになりました、欲を言えばもっと昭和の森の方までこのまま道があればいいのにと言ったところですが、まあ、136号の改修なので下田街道の方はまた別の話なのでしょうね。

 

天城北道路の基本情報

地図

 

開通区間やアクセスなど

天城北道路開通26日

天城北道路開通26日

引用元 国土交通省-中部地方整備局-沼津河川国道事務所

 

河津桜……

天城を超えていよいよ河津が近付きます。
満開の情報は一週間以上前に出ていたのであまり期待はしていませんでしたが、この日は向かう途中に見られる大仁の狩野川沿いの河津桜が思っていたよりも花が残っていたのでちょっとテンション高めw

でも道すがら見かける桜の木はまだ見頃のものがあったり、すでに葉桜だったりとまちまち。

下田との分岐を過ぎると渋滞が始まりました。
もう見頃は難しそうなのに、と思いつつ己もまだ見られるのではないかと淡い期待を抱きつつ河津を目指しています、きっと同類方でしょう。生暖かい目で渋滞を眺めますw

それでも信号を過ぎれば流れは順調です。

しかし桜は――終了

いえ、まったく花がないわけではありません、まだ見頃の木もちらほらありました。完全な葉桜にもなっていません。
でも河津桜のあの濃いピンク色よりも新芽の萌葱色の方が目立っていました。

茫然としながら目の前を流れゆく景色を見詰めます。

やっぱり、という気持が大半でした。
でも河沿いの遊歩道にはかなりの人が歩いているのが見えました。それなりに花見を楽しめるようです。

でもそうじゃないんだよ、桜のトンネルを歩きたかったんだよ(泣

車を駐めて歩こうかとも迷いましたが諦めました。もちろん写真はありません、車から降りてないからね。

河津を訪れた人のブログを眺めながら行きたい衝動に逆らえずにここまで来たのに残念な結果に終わりました。

でもこんな時のために第二の目的地を決めているのです。

気を取り直して松崎にGO!ですw

でもその前に下田の市街地を廻って良く立ち寄るお店でお昼ご飯を食べました。

食レポはしません、苦手です(汗
食事の場でカメラ出すのも好きではないので。食べることに集中したんですよw

で、腹ごしらえをして今度こそ松崎です。

 

道の駅 花の三聖苑伊豆松崎で小休止

15号下田松崎線で向かいます。途中、道の駅 花の三聖苑伊豆松崎で小休止。
こちらの道の駅の名に含まれる三聖とは郷土に貢献した三人の聖人のことだそうです。

3人の聖人とは幕末の漢学者「土屋三余」、明治期の実業家「依田佐二平」、その弟で北海道 十勝平野の開拓者である「依田勉三」とのこと。浅学の自分にはまったく知らない人たちですがここでは有名なのでしょう。

この道の駅に建つ「三聖会堂」という建物ではそんな彼らの業績を紹介する展示がされています。残念ながら中の手入れはちょっと。

大沢学舎と三聖会堂

大沢学舎と三聖会堂

その脇には(トイレを挟んで)「大沢学舎」という建物が建っています。これは明治6年に三聖人の一人、依田佐二平が私財を投じて開校し た公立小学校の建物を移築し復元したものだそうです。

もちろん道の駅ですから、お食事・地場産品・情報ステーション「天城山房」というお店があります。こちらは9時から営業で平日は5時に、土日は8時に閉店のようです(食事のみ木曜休業日)

天城山房とかじかの湯

天城山房とかじかの湯

そして日帰り入浴施設「かじかの湯」がありますがこちらは要注意です!

 

【 お知らせ 】

長年皆様にご利用いただきました「かじかの湯」は平成31年度中に取壊しとなります。
つきましては、4月1日以降は、かじかの湯の回数券はご利用できなくなる場合がありますので、早めにご利用いただきますようお願いいた
します。
 また、12枚綴りの回数券で12枚とも未使用となっている方は、平成31年3月10日までに返還手続きができますので、道の駅花の三聖苑
伊豆松崎にある申請用紙に必要事項を記載の上未使用回数券(12枚綴りで1枚も切り離されてない回数券)を添えて期限内に手続きを行
ってください。なお、返還は指定口座への振り込みとなり現金では行いませんのでご承知ください。

 

引用元 道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」

 

もう取り壊しが決まっているようです。潰れる前に入ってみたい方はお急ぎを。
営業時間は9:00~20:00(年中無休)、入浴料は大人500円です。

 

道の駅 花の三聖苑伊豆松崎の基本情報

地図

近隣からのアクセスと駐車場

15号下田松崎線沿い、峠より松崎よりにあります。

駐車場 普通車84台 無料

公式情報

所在地 静岡県賀茂郡松崎町大沢20-1
TEL 0558-42-3420
営業時間 9:00~17:00/9:00~20:00(繁忙期)
定休日 木曜日(レストランのみ)
施設概要 大型車5台、普通車84台
公衆電話、情報コーナー
食事処「天城山房」
公園・こども広場
博物館
「かじかの湯」
EV充電施設
●アクセス
■電車では
東京-(新幹線55分)-熱海-(伊豆急90分)-伊豆急下田-(バス50分)-松崎
東京-(直通電車140分)-修善寺-(バス105分)-松崎
東京-(新幹線65分)-三島-(伊豆箱根鉄道32分)-修善寺-(バス105分)-松崎
■船では
清水港-(駿河湾フェリー70分)-土肥港-(車40分)-松崎
■車では
東名沼津I.C.より三島経由国道136号線⇒松崎約72㎞(下田より27㎞)

外部リンク 道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」|公式

 

松崎の田んぼをつかった花畑へ

松崎 花畑 アフリカキンセンカ

松崎 花畑 アフリカキンセンカ

15号を川沿いに下っていきますとそのうち右手に花畑が広がっています。一目で分かります、間違いませんw

でもあれ?と首を傾げました。以前よりも狭い?

数年前に訪れたときにはもっと広範囲に花畑が広がっていたと記憶していたのですが、今回尋ねたときには随分と範囲が縮小されているようでした。

今年から町からの予算が下りずにクラウドファンディングとボランティアで開催されるとのことでしたが、費用がかかりすぎるのでコスト削減で縮小してしまったのでしょう、正直ちょっと残念です。まさかこんなことになっているとは……

ただ誤解しないでいただきたいのは、現在でもかなりの広さを確保しているということです。以前があまりに広すぎたのかもしれません。今の状態でも間違っても狭いとは言えない面積はあります。

花畑を歩くとそれなりに見ていられます。写真を撮ったりしながら周囲を回ると30分くらいはかかったと思います。

訪れたときはアフリカキンセンカが最盛期なのでしょうか、もう中心部にはこれでもかというくらい、みっちりと花が咲いていました。日が差すと目が痛くなるくらい黄色でオレンジですw 間には姫金魚草やネモフィラもありますがやはり黄色の方が強いです。

松崎 花畑 アフリカキンセンカ2

松崎 花畑 アフリカキンセンカ2

なにもこんなに密集させなくても、もう少し広い範囲に広げてくれればいいのにと思えるくらいの花の密度でした。

ただこの日はまだイベントは開催されていないみたいで、かかしも一体しかなく(見間違いでなければ多分w)、足湯もなければ駐車料金の徴収もまだみたいな状況です。

ただこの一面の黄色の花畑を見るのには今が適時であると思うのでイベントよりも花を見たい方は見頃を逃さないようにしてください。

でも焦ることはないですよ、これから五月までは、アフリカキンセンカ、るりからくさ、姫金魚草、つましろひなぎく、ひなげし、矢車草と順次咲いていく予定なので花畑を楽しめる期間は長いです。

ひなぎくやポピーの頃も良いですよね。時期をずらしてまた足を運んでみたくなります。

伊豆に桜を見に来て時期を外してしまったときはこちらお思い出してみてください。そのころならだいたい何かの花が咲いていますよ。桜とは趣は異なりますがこれはこれで好いものです。まあ、最高なのは桜とのセットなのですけどねw すぐ横の那賀川の桜も綺麗なんですよ。

 

松崎 花畑 アフリカキンセンカ3

松崎 花畑 アフリカキンセンカ3

 とりあえず松崎の街に出ておみやげの桜葉餅を購入して帰路に。

松崎の花畑の基本情報は上に記したイベント情報で確認してください。

意外な帰路、船原峠の嬉しい誤算

帰り道に時間が合えば大田子海岸で夕日を覗いていこうと思っていたのですが河津をスルーしたため予定より時間が早く、しかも曇ってきていたので取りやめました。

変わりにちょっとだけ浮島を覗きに立ち寄り。

西伊豆 浮島海岸

西伊豆 浮島海岸

 

西伊豆を土肥まで戻り船原峠越えです。

ここは土肥側の道が悪くあまり好きではないのですがここを通るのが天城北道路も出来てさらに便利になりましたので暫しの辛抱だと思い車を向けます。

山に入っていきますといつもと様子が違います。

なんと以前からずっと工事をしていた新しい道に入っているではありませんか!

新しく開放されている道はあの対向車が来ると時に止まらなければならない狭い道とは雲泥の差です、完全に対面2車線になっています。

新設の道路の最後の部分、以前の道にぶつかる箇所だけちょと悪いだけでそのほとんどが新しい道になっています。これは今年度中に間違いなく全線完成し
ますね。これは嬉しい誤算でした。ここで結構時間も短縮できている気がします。

天城北道路にばかり目がいっていましたが、何気にこの部分の道がよくなったのは嬉しいです。これで土肥まではほぼ細い道はなくなりました。まあ、土肥の市街地はちょっと狭いですがそれは致し方ないですね。

136号の船原峠を越えると船原バイパスで天城北道路に真っ直ぐに入れます。そしてそのまま楽々と北上できるようになりました。これは相当楽です。

当初は下田方面ばかり気にしていましたが、これは西伊豆方面へのアクセスが随分とよくなりました、嬉しい誤算です。

ただこれまで随分と渋滞を起こしていた場所が変化したため、今年の夏は車の動きが読めませんね。

以前は帰り道は西伊豆と下田方面合流がかなりのネックとなっていましたが、これからはどうなるのでしょうか? 新たな交差点にも信号機がありますのでやはりこちらが渋滞を起こすようになるのでしょうか。

でも天城北道路に載ってしまうと信号機もなく渋滞する箇所が料金所までありません。これから帰り道は料金所で渋滞の可能性も。

となるといい加減、あそこもETCで通過できるようにならないものですかね。
まあ、結局それでもその先で渋滞が始まることは間違いありませんが。でもあの辺りまで行けば逃げ道もありますし、何とかなりそうかな。

 

とまあ、今回のドライブはこんな感じで。一応、松崎の花畑の満開も見れましたし、新しい道路も確認できたのでとても有意義でした。