ふじ楽いず楽

富士山周辺と伊豆の観光スポットや遊ぶところを紹介するブログです

富士山中最古の神社、冨士御室浅間神社

富士山世界文化遺産7

河口湖の湖畔付近にありながらわりと目立ちませんが、移築された本宮本殿などはとても立派で一目見る価値はあるかと思います。

 

冨士御室浅間神社

冨士御室浅間神社

冨士御室浅間神社

随感

吉田口登山道二合目の地に9世紀の初めに建立されたという伝承がありす。
また富士山中に最も早く祀られた神社でもあるとする文献もあるそうです。
二合目とはまた随分と高い場所に建てたものですね。動力のない時代にそれらのことを為すのは今の自分たちが想像するよりも遥かに大変な苦労があったものと思われます。よほど想いが大きく大切だったことが伝わってきます。

二合目の本宮は文武天皇3年(699)に藤原義忠が富士山中に最初に勧請しましたが延暦10年(800)噴火で消失し、大同2年(807)坂上田村麻呂が東夷平定の奉賽として社殿建立したと伝わっているそうです。それは富士山に建てられた社としては最古であることを伝えています。
里宮は天徳2年(958)氏子の便を図るために河口湖畔に建てられたそうです。さすがに本宮までの道は険しかったのでしょう。

現在、二合目にあったとされる本宮本殿(国の重要文化財)は慶長17年(1612)に富士山2合目で再建され、昭和49年に移築されて現在は里宮拝殿と斜に向かい合うよう建てられています。朱塗りの社は荘厳で美しくもあります。しかしあまりに綺麗すぎて周囲の雰囲気からちょっと浮いてしまっているのは見ていて残念な気も。もし今も深い森の奥に静かにこの建物が佇んでいたのならと想像すると、見てみたかったと残念な気がしてなりません。
それに対する里宮拝殿は立派な作りですが何処か田舎の神社といった風情の親しみやすさ、身近さを感じさせるほっとするような空間となっています。

 

冨士御室浅間神社参道

冨士御室浅間神社参道

※こちらの写真は里宮拝殿の向かいに伸びる参道です。結構長さがあり立派なものです。なぜかこちらの里宮拝殿は河口湖を背にして建ち、参道は南側富士山方向に伸びています。富士山を崇めているのに面白い造りですね。おもわず実は河口湖の方に崇める何かがあるのではにかと疑ってしまいます。

この参道写真の右手側に本宮本殿が移築されているのですが、何故か良い写真が無くて今回は載せていません。また撮りに行かなくてはなりませんね。



またここの参道もなかなか距離があり、両側に繁る木々に貫禄を感じつつゆったりと歩くと、武田家を始め多くの者たちの信仰と崇敬の念を伺うことができます。

河口湖畔近くにありながら観光客の集まる場所から離れているためわりと目立たない神社ですが、十分に歴史と重みを感じられる雰囲気のある場所です。春には流鏑馬も行っています。
なお二合目の奥宮は現在は小さな社が建つのみでほとんど見るものがありません。それでも確かめたい方は足を伸ばしてみるのも面白いかもしれませんね。或いはそこで何かを感じることができるかもしれません。

 

基本情報

地図

 

河口湖の南から来まして河口湖大橋の二つ手前の信号で左折し湖畔に続く道へ出ます。
そのまま時計回りで道なりに進むと左手に神社の境の柵と右手に公園らしき場所があります。そこをを過ぎ道が右に大きく 逸れますがカーブの左に看板と鳥居があり車で入れます。参道を横断した先にも無料駐車スペースがあります。

 

4月29日 武田流流鏑馬神事

冨士御室浅間神社 TEL:0555-83-2399

〒401-0310山梨県南都留郡富士河口湖町勝山3951

河口湖から湖畔周遊レトロバスで 10分
冨士室浅間神社 下車
中央自動車道 河口湖I.C.より 車で12分

引用元 武田信玄公祈願所 富士山最古の神社 冨士御室浅間神社|公式サイト