ふじ楽いず楽

富士山周辺と伊豆の観光スポットや遊ぶところを紹介するブログです

諸行無常、村山浅間神社

富士山世界文化遺産4

今は寂れてしまっていますが、かつては多くの人の心を集め繁栄していた場所です。その時の移り変わりによるギャップを感じてください。

 

村山浅間神社

村山浅間神社

村山浅間神社

※こちらは村山の浅間神社側の入口の写真ですね。この右隣には大日堂への入口と石段があります。上では敷地は繋がっているのでどちらを登っても一緒ですから好きな方を選んで登ってください。

随感

今は小さな社と隣接する敷地に同じくこぢんまりとした大日堂があるだけですが、ここにはかつて富士山興法寺が創建され富士修験(村山修験)の聖地として隆盛を極め全国から集まる山伏を総括していた聖地でした。

平安期に富士上人が山頂に大日寺、村山に伽藍を起こし、鎌倉期に般若上人が富士行を創始し富士修験は始まりました。
富士山はかの役行者小角が修行をした地でもあり、山興法寺は出羽三山、金峰山、白山等と並ぶ神仏習合の修験道の聖地でありました。そして時の権力者たちの崇敬を集めとても栄えておりました。

室町期から戦国期かけて最盛期を迎えたこの地は江戸時代には地震や噴火などの自然災害に度々襲われ衰退が始まり、明治期になると修験道禁止令が発せられ、合わせて神仏判然令も下されて僅かな灯火も吹き消されました。

かつては多くの修験者が集い暮らし荘厳な聖地であったこの場所には、現在は分離された浅間神社と大日堂がひっそりと残るのみで巨大な御神木のみが当時の隆盛を知るのみとなっております。

現地では神社と大日堂が二つに分けられ左の鳥居の先にあるのが浅間神社で右の石段の先が大日堂となっており別々の法人が管理しているそうです。

そのような場所ですので残念ながら当時の建物は現存しませんが、御神木となる千年杉や乳垂れの銀杏などの静岡県指定天然記念物の木があり、威容を放っております。

そしてここがちょっと面白いのは、かつてここで祀られていたのが赫夜姫(カグヤヒメ)だったという事実です。
富士山の御祭神といえば富士山本宮浅間大社でみられるように木花之佐久夜毘売命がいまでは当たり前です。

赫夜姫とはあの竹取物語のかぐや姫です。
中世から江戸中期頃までは富士山の御祭神といえば赫夜姫だったらしいですね。やはり浅間大社の整備や記紀などの観点から赫夜姫から木花之佐久夜毘売命へと変換が行われていることが窺えます。宝永噴火などもありましたのでより火之神としてしての資質が重要視されてきたのかもしれません。

今はその姿は留めてはいませんが、かつては大いに栄え、富士山の登山道として始めて開かれたのがここ村山を起点とした村山口登山道です。富士宮口の登山道が新たに整備されたことによりこちらは近年まで人々の記憶から忘れ去られましたが、最近は見直されて多少は整備されていまもその姿をひっそりと残しています。
大きな期待をして訪れるとがっかりするかもしれませんが、歴史を知り今の侘びた佇まいを眺めると胸の中に込み上げるものがあります。

 

基本情報

 地図

 

神社正面東側、もしくは西側に無料駐車スペース有り(無舗装)
大型は指定の場所へ

 

参拝時間   年中無休
参拝料    無料
【案内所のご案内】
村山浅間神社の案内所は土・日・祝日(10時~15時) のみ開館しています。
開館時は、富士山世界遺産ガイドが常駐しています。
※年末年始(12/29~1/3)は閉館します。参拝時間・参拝料


〒418-0012 富士宮市村山1151
[平日] 富士宮市役所(代表) : 0544-22-1111
[休日] 村山浅間神社案内所 : 0544-26-6713

引用元 富士宮市 | 静岡県富士宮市|公式サイト