ふじ楽いず楽

富士山周辺と伊豆の観光スポットや遊ぶところを紹介するブログです

世界にここだけの浅間大社

富士山世界文化遺産2

昔から桜で有名で華やかな浅間造りの建物が目を惹く木花之佐久夜毘売命に相応しいスポットです。

 

富士山本宮浅間大社

 

浅間大社

浅間大社

※美しい浅間作りの拝殿と本殿の廻りにはソメイヨシノを初めとした桜の木が植えられております。写真右側は信玄桜ですがソメイヨシノよりも開花が一足早く写真ではもう花が終わっていますね。

随感

浅間神社数あれど、大社を名乗れるのは世界中でここだけです。

大社は神社よりも格上です、浅間神社の総本社となります。
何故、この大社が大社であるかといえば実は簡単なことなのです。
浅間とは「アサマ」とも読み、古来、火山を意味していました。その火山を祀るのが浅間神社です。
ここまで言えばお分かりでしょう。
ここは火山でもある富士山を御神体とした信仰の地であり、富士山の8合目より上が全部ここの奥院なのです。
めちゃくちゃスケールが大きいんです。それ故、ここは大社なのです。

元々は後ほど紹介する山宮の地にありましたが大同元年(806年)に坂上田村麻呂が現在の地に造営したと伝えられています。
因みにそれ以前にはこの地には富知神社がありましたが現在は少し離れた場所に移っています。
その富知神社の祭神は大山津見神で浅間大社の祭神である木花之佐久夜毘売命の父神であるというのも面白いですね。
またその変換にあたり、この地にある国の天然記念物でもある湧玉池を祀る水神としての富士山信仰が、アサマを祀る火の神信仰に移り変わることはとても重要なことであり興味をそそられます。

ここは富士山信仰の中心地であると共に木花之佐久夜毘売命を主神としているため火難消除・安産・航海・漁業・農業・機織等の守護神として全国的な崇敬を集めてもいるんですよ。

社殿は煌びやかな装飾などに溢れていませんし特別大きくもありませんが美しい作りとなっています。
元々は慶長9年(1604)徳川家康が本殿、拝殿、舞殿、楼門等を造営し壮観を極めたらしいのですが、寛永安政等の大地震で崩壊したため、現存するのは本殿、幣殿、拝殿、楼門のみとなっています。

しかしそれでも本殿は「浅間造」と呼ばれる二重の楼閣造となる珍しい形式で国の重要文化財となっています。
菊花紋、葵紋、五三桐紋が並んでいる図柄はここが如何に昔から丁重に扱われてきたかを伺わせます。

その他にも古い記録には三重の塔があったとか萬年杉があったとかの記載があり、現存しないことが悔やまれますね。

ここの建物は朱色に塗られ華やかな雰囲気です。
いわゆる霊験灼かな神域という感じではちょっとありません。
ここは別名、里宮とも呼ばれるように聖域ではありますが荘厳、峻厳とかではなく、人との距離がとても近く暮らしと密着していてフレンドリーな場所なのです。それを体現するように年に二回、地域と一体となったお祭りが盛大に行われています。その為か開放的で馴染みやすい神社となっています。
霊域みたいな雰囲気を想像してくるとちょっと残念かもしれませんね。

この地は昔から桜で有名でした。
今でも境内には武田信玄が植えたとされる枝垂れ桜の信玄桜などがあります。
東西に延びる流鏑馬を行う馬場には両側から桜の枝が伸び花の咲く頃は美しかったのですが、現在は樹勢が衰えたのか枝を切ってしまったり桜そのものが減ってしまい、残念ながらかつての光景は失われています。
それでも新たに整備を行い神田川沿いの桜が大きくなってきているのでいずれまた美しい桜で溢れることでしょう

ここは水と火を祀る、富士山を象徴する場所です。

 

基本情報

地図

 

駐車場有り

正面駐車場は観光バス、もしくは参拝者用。御祓いをする方は無料、その他有料。駐車係に言ってください。

西門脇より馬場から入れる有料駐車場有り。最初の30分無料
二輪はこちらの馬場入口付近邪魔にならない場所ならば短時間の駐輪可
車の馬場への無断駐車はお止めください。

有料の大駐車場は世界文化遺産センター南側
センターと合わせてご訪問の際は便利です。

その他、近隣のイオンの駐車場は大社まで少し歩きますが無料で駐車でき買い物もできます。

 

開門時間(11月~2月) 午前6時~午後7時(通常)
開門時間(3月・10月) 午前5時30分~午後7時30分(通常)

開門時間(4月~9月) 午前5時~午後8時(通常)

祈祷受付午前8時30分~午後4時30分(神楽は午後4時まで)

※お知らせ
境内でのドローン・ハンググライダー等の使用は堅くお断りします。
本宮境内・富士山頂上奥宮境内(富士山8合目以上)でのドローン・ハンググライダー等は神聖性・尊厳護持の為禁止とさせていただきます。ご理解ご協力をお願いいたします。

 

富士山本宮浅間大社 〒418-0067 静岡県富士宮市宮町1-1
TEL 0544-27-2002

引用元 富士山本宮浅間大社|公式サイト